E-Cats大学OPAC

ようこそ  ゲスト さん

日本民謡曲集 / 藤井清水, 弘田龍太郎共編

ニホン ミンヨウ キョクシュウ

(世界音楽全集;13)
データ種別 図書
出版者 東京 : 春秋社
出版年 1930.7
本文言語 日本語
大きさ 264p ; 28cm

所蔵情報を非表示

配架場所 棚番号 巻 次 請求記号 登録番号 状 態 コメント ISBN 指定図書 請求メモ 予約
本館1階: 楽譜
第13巻 S08/SE22/13 000636338



書誌詳細を非表示

別書名 その他のタイトル:Gesammelte Werke der Welt Musik
異なりアクセスタイトル:日本民謠曲集
内容注記 橋本国彦 ; 旅役者, 百姓唄, わしゃ帰ろ, あぶくなら, はな緒, かはい人, 中山晋平 ; 紅屋の娘, 青い芒, 出船の港, 波浮の港, 鉾ををさめて, 須坂小唄, 鎮西小唄, 雀をどり, 港踊, 毬と殿さま, 竜峡小唄, 戀ふる思ひを, 空飛ぶ鳥, 旅人の唄, 草川信 ; 松代節, ソイソイ節, 嶋で, 田螺とり, 洒し歌, 稲刈り歌, 河原菜種, 山田耕筰 ; 青い上衣, 濱の媾曵, 城ケ島の雨, 鐘が鳴ります, 馬売り, 紅殻とんぼ, 捨てた葱, 粉屋念仏, 二十三夜, 赤い夕日に, 佐渡の金山, 松島音頭, 子守唄, 子守唄, かぞへうた, さくらさくら, 来るか来るか, きんにゃもにゃ, 箱根八里は, 忍路高嶋, 沖の鴎に, 藤井清水 ; 風に吹かれて, せめて急ぎやれ, 十文字, おかよ, 椰子の薄黄の, おけら, 港の時雨, 忍路, 西瓜の番, 烏と南瓜, 鐘になりたや, うら畠, 千羽鶴, 航海洋灯, まめなか, お山の娘, 土投げ唄, 日輪さま, ヨイヤマイタ唄, 小松耕輔 ; 雀をどり, 蚊帳にねて, 雀どこゆく, あやめ, 垣の壊れ, お国衆なら
小松平五郎 ; 時雨日和, 小諸, 郷愁, 漁り歌, 麦踏み, 打ち込め, 八尾小唄, 荘内おばこ, 秋田おばこ, 相馬流れ山, 木曽節, 小松清 ; ラッラッラの唄, お六娘, 黄金の花, 野良の北風, 下婢, 稲扱, 鳥賊釣船, 御詠歌, 佐渡おけさ, 宮原禎次 ; ねむの花, たねまき, 糸取り, 木挽唄, 見張り番, 風にこごえて, 忍ぶ夜道, 大島節, 弘田龍太郎 ; こさめ, 別府地獄の唄, 盆踊, 富士民謡, 豊年, 宇治茶摘唄, 本居長世 ; 関の夕され, 砧の音, 咲いたさくら, 哀別, 別後, みなと, 豊作唄, 通りゃんせ, 向ふ横町, 江戸祭の唄, 各地民謡 ; 守さ子守さ(子守唄), 山が高うて, 娘千人持っても, 摺臼挽くには(籾摺唄), 搗いて干せ干せ(米搗唄), 連伽叩きすりや, 麦も搗けたし(麦搗唄), さんさ押窓は, 田の草採りに(田の草採唄), 七つや八つで(田植唄), 曇りゃ曇りゃんせよ(草刈唄), ちゅうちゅうけ(地搗唄), エンヤコラサで, 朧月夜に(土工の唄), わしが思うても(作業唄), 香春嶽から(炭坑唄), やんせやんせと(船唄), 郡上の八幡, 裏のこせ路, お月アちょろり出て(盆踊唄), 葵さんの御門(祭禮の唄), 遠島甚句, 相馬節
一般注記 256pのものもあり(巻末「歌詞及び解説」100〜140が欠落)
著者標目 藤井, 清水(1889-1944) <フジイ, キヨミ>
弘田, 龍太郎(1892-1952) <ヒロタ, リュウタロウ>
書誌ID 1000015173
NCID BN07919400 WCLINK

検索結果一覧に戻る ページトップ